スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■11月1日の花嫁 その5

■そのドアが開くと、時間は光の速さで流れ始めた。ふと冷静になると、すでに全ては終わり、ホテルの部屋の中で放心状態となっていた。

■素晴らしい時間は、本当にあっという間に過ぎていく。笑って。泣いて。

■挨拶の文言は色々と考えていて、念のためのメモ書きも用意していたが、結局は使うことはなかった。目の前にいるいないに関わらず、こんなに素敵な仲間に囲まれて生きてきたのかと思うと、涙が溢れてきた。

■いつか読んだ小説の表現を借りよう。自分自身よりも大切なものがこの世の中には存在し、それがいま自分の隣にいるのだという事実を、かみしめていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この感動が 何十年先もつづいていることを
願っています。

>chocolat*さん
ありがとうございます!
この感動を薄れさせぬよう、努力していきます!!
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。