スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇今週の体重&体脂肪率

【体重】46.6kg
【体脂】5.4%

アメリカンサイズな食事で、ちょっと太った。
スポンサーサイト

■日付、追い越し追い越され

200505231521000.jpg■月曜から日曜まで、アメリカはオクラホマ州に出張してきた。直行便のない小さな街、しかも乗り継ぎのいいチケットが取れず、行きも帰りも、乗り継ぎも入れると約20時間という気の遠くなるような空の旅となった。行きは、成田→サンフランシスコ→メンフィス→オクラホマシティー。帰りは、オクラホマシティー→ミネアポリス→ポートランド→成田。


200505240124000.jpg■東周りの時差は本当に辛い。向こうでの最初の2日間は、朝は早くに目が覚めてしまうし昼間は眠気とのタタカイだし。で、慣れた頃に帰国。今度は西周りの時差を調整しなければならない。月曜はお休みをもらうことにしたので、ゆっくりと調整しよう。できるかな。


200505231455000.jpg■月曜、成田にて。短い期間だけど日本を離れるということで、日本っぽいものを食した。うなぎとそば。繊細な味を楽しめる、日本人に生まれてよかったなと感じる瞬間だ。


■帰国するといくつかの郵便物が届いていた。出発前に注文しておいたザバダックのDVDが届いたのは嬉しい。早く観よう。

200505240812000.jpg

◇今週の体重&体脂肪率

【体重】46.0kg
【体脂】測定不能

体重激増。体脂肪は測れず。あぁ。。。

■空に七色の橋が架かったら

200505181900001.jpg

■虹が出た。自分にとって、久しぶりの虹だ。しかも、こんなに見事な、両足がしっかりと見える半円形の虹は、何年ぶりだろう。この虹は幕張からだけでなくいろいろなところからハッキリと見えたようだ。夕方、日が沈むその直前に、カメラ代わりにケータイを空に向ける人たちが幾人もいて、その風景の方がなんだか興味深いものであった。今っぽい、というか。

■さて、来週アタマ、月曜から出張することになった。アメリカはオクラホマ州。以前にも訪れたことがある場所だ。約1週間、日本を離れる。その前に二郎のラーメンを食べておきたかったけれど、平日も土日も忙しくて行くことができなかった。残念。

■へこんだり、でっぱったり。そういう日々を繰り返しながら、人は時を超えていく。少なくとも、自分はそうだ。短い時間ではなく、もっと長いスパンで、物事を、人生を、考えて行こう。自分で思うほど、自分は不幸ではないみたい。

味玉らーめん@麺屋あらき

200505142016000.jpg

久しぶりのあらき。
サカナ系だしのスープと太麺がおいしい。
ユズの皮がハラリとふられていて、柑橘系の香りがとてもさわやか。
…以前はそうだったんだけど、今回のはなかったよなぁ。
ま、でもうまいです。

◇今週の体重&体脂肪率

【体重】45.0kg
【体脂】8.7%

体重減って体脂肪率増えて…やばいじゃん。

■空が涙を流す季節に

■遊びに来ていた後輩も地元へ帰り、ゴールデンウィークもあっという間に終わり、いつもの日々が戻ってくる。

■ゴールデンウィークから一転、寒い日が多い一週間となった。薄手のものにしていたパジャマも厚いものに戻した。冬に逆戻りかと思えば、日曜の午後にはにわか雨ドサリで夏を思い起こさせてみたり。季節が変わろうとするその瞬間に、いまはあるのだろう。

■土曜は出社。その夜は、麺屋あらきの味玉ラーメン大盛り。スープが以前より濃い味になっていたようだ。ってか、スープ自体が変わったような気がする。ゆずの香りもなくなったし。太麺は相変わらずおいしかったけどね。
日曜は家でゆっくりと過ごした。日曜、はじめはタワレコにでも行こうと考えていたのだけれど、布団から抜け出せず、モゴモゴしながら大槻ケンヂの「綿いっぱいの愛を!(ぴあ)」を読み始めた。この本、だいぶ前に買っていたもので、この日になってようやく繙くことができた。『どこかで誰かが見ていてくれる』この響きが、とても心地いい。自分より10歳ほど上のオーケン、いいこと言うぜ。

■残りの5月、週末もお仕事となってしまいそうだ。大学時代の友人からの誘いにも乗れないかもしれないのが、少し寂しい。6月7月になったら、あんず狩りに行こう。予約がもう終了しているかもしれないのがちょっと心配。

◇今週の体重&体脂肪率

【体重】46.0kg
【体脂】6.5%

うん。。。

■日本の中心で、アイを叫べ

■いわゆるゴールデンウィーク。日付に恵まれ、今年は月曜と金曜を休めば10連休となる。月曜、いつもよりも人が視線を遮ることのないオフィス街で、いつもよりやる気のなさそうな人たち(自分含む)が、何となく不機嫌な顔で歩いている。

■月曜は早めに会社を出て、近くにあるイタリア料理屋さん「オレアジ」へ。先輩と退社した後輩とで、久しぶりのディナー。太陽の恵みを肌いっぱいに受けた後輩と、仕事の関係でやや遅れて来た先輩。それぞれが、それぞれにおめでたいイベントを持っていて、幸せが満ちたテーブルで、楽しくおいしい時間を過ごすことができた。

■先輩後輩と別れ、幕張本郷駅に別の友人を迎えに行く。千葉を去り、故郷で新たな道を歩み始めたばかりの友人は、前に会った時よりも少しだけふっくらとしていた。元気になった証拠かと思ったけれど、そういうわけでもなさそうで、少し心配だ。夜も遅かったけれど、おっきい風呂に入ってリラックスしようということでスーパー銭湯「湯けむり横丁」へ行くことにした。自分にとっても久しぶりの湯けむり横丁、風呂上がりのコーヒー牛乳がうまいことうまいこと。

■この日から3日間、その友人と遊び、食べ、語り、まったりと時を過ごした。渋谷で自分の買い物につき合ってもらい、会社の先輩たちに挨拶したり、また別の友人達とご飯を食べたり、アウトレットに行ったり。

■バカ話の中に本気を混ぜながら、年齢にふさわしい悩みを語る。自分も友人も、それぞれの思うところを知りつつ、それでも互いをうらやましく思い、自己を顧みてふがいなく思う。そういう時間を持ったのは、本当に久しぶりだった。ここ数年のうち、最も充実したゴールデンウィークとなった、そんな3日間だった。5日の夕方、友人は故郷へと帰って行った。2日にこちらに来た時よりも、少しでも元気になっていてくれれば、と願う。

■負けないこと。投げ出さないこと。逃げ出さないこと。信じ抜くこと。

■そんな簡単なことじゃないかもしれない。けれど、そんな難しいことでもないのかもしれない。

■そんなこんなで、その3日間で行ったところとか。
ミハマニューポートリゾート 湯けむり横丁
タワーレコード
石橋楽器 渋谷店
ブックファースト 渋谷店
ムルギー(カレー屋さん)
横浜ラーメン六角屋 船橋店
旬采厨房奈のは
ジャイネパール(ネパール・チベット料理)
アウトレットパーク「ガーデンウォ~ク幕張」

■さすがに10連休とまでは行かなかったけれど、カレンダー通りに休め…と思ったけれど、土曜日は出社となってしまった。ま、そういうことも、あるさ。
日曜には仕事の素材探しを兼ねて渋谷へ。自分のためのものを、結構気前良く買ってしまった。ずっとずっと欲しかった、プリプリの解散コンサートDVDとかシングルクリップ集とか。あと、スウィングガールズのコンサートDVDも。プリプリの解散コンサートから、もう9年も経っているのだ。プリンセスプリンセスは、中学・高校時代に熱狂し、ギターを始めるきっかけのひとつだった。「One」とか「19 GROWING UP」とか「HIGHWAY STAR」とか、聴くだけであの頃の風景や匂いを思い出す。いい買い物をした。
そう、またラーメン。タワレコまで来たついでに、一蘭の渋谷店へ。細めんはあまり好きではないのだけど、まあおいしかった。独特な注文システムや仕切りのあるカウンター席に戸惑いながらも、結局替え玉までいただきました。

◇今週の体重&体脂肪率

【体重】45.2kg
【体脂】5.3%

あんだけ食べたのに。

■何も知らないから

■何も知らないから、怖くはなかった。

■本当は、もっともっと身近に感じて、何かせねばと思わなければいけないのかもしれない。けれど、遠くで起こったことに対して、自分は、何かをできるわけでもなく、何かを感じることもできず、日々を生きている。

■金曜から連休が始まる。その分、仕事は木曜までに終わらせる必要があり、結構ドタバタとしたウィークデー。忙しいのはいつものことだし、嬉しいことと辛いことがちょっとずつあるのもいつものことで、出っぱったり凹んだりをココロのどこかで繰り返している。

■遅く起きた金曜。前から行ってみたかったカレー屋さん、印度料理シタールへ。連休の初日、ぐいぐいと気温が上がっていく青い空の下を原チャリで急ぐ。ランチタイムで店内は混雑していたが、幸い並ぶことなく席に座ることができた。店内にはモーたまらんという感じにスパイスの香りが立ちこめているし、音楽はもちろん印度風。店名にもなっている楽器シタールも入り口付近に置いてあり、大槻ケンヂに紹介したい感じ。もう知ってるかな。
ふたつあるランチメニューのうち、タンドリーランチセットを注文。カレーは幾種類かある中からひとつを選べ、ハーフナンとハーフライス、タンドリーチキン、サラダ、デザートのマンゴープリンがつく。カレーは、マイルドなバターチキンをセレクト、、、辛いのはそれほど苦手ではないけれど、初めて訪れる店だったので様子見、ということで。
運ばれてきたプレート。全てがおいしかった。カレーのコクがハンパない。ご飯は日本米か印度米いずれかを選ぶことができる。せっかくなので印度米で。パサパサ感が何とも言えずうまい。ナンのもちもちした食感と濃厚なバターの香りもいい。タマネギの漬け物は自由に取ることができる。これがまた辛ウマ。デザートのマンゴープリン、こんな濃厚なのは初めてだ。人気店の人気店たる所以を、舌で感じました。

■土曜も日曜も、ゆっくり過ごした。ノースファームのパンは、本当においしい。餃子の王将は、お腹が空いている時に安くたっぷりと食べられる。なんだか、食べて寝て本を読んで、ゴロゴロした連休となってしまった。ま、それもあり。日曜、いろいろとあってほんの少しだけ出社したりもあったけれど、まぁいい。

■あの頃は時間が、溢れるほどあった。

■19歳、20歳の頃、暇だなぁとかいいながら、貴重な時間をダラダラと無為に過ごしてきた。いま振り返ると、勿体なぁと思うと同時に、そんな過ごし方も今の自分を作るのに全く役立っていないわけではなかったんだとも感じている。その時間を、何の予告もなく、あっけなく断ち切られてしまった方々がいる。生きて行こう、と思う。

■今週の自分。45.2kg&5.3%。あんだけ食べたのに。
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。