スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20080824.png

【体重】45.0kg
【体脂】5.1%

おっ、久しぶりに体脂肪率が出てきました。

スポンサーサイト

■サーカス団パノラマ島へ帰る

■週末近くから、グッと気温が下がり、朝などは原付での通勤が肌寒く感じられるほどになった。こちらが気を抜いている隙に、夏は駆け足で向こうへと行ってしまい、秋がすぐそこまでやってきた。

■今にも泣き出しそうな空が広がる土曜の午後、千葉にやってきた木下サーカスの講演を観に行った。生まれて初めて吊り下げ式のモノレールに乗り、生まれて初めてのサーカスに向かった。ピエロが笑い、猛獣が猛々しく吠え、バイクが鉄網の球体の中をグルグルと回る。あっと言う間の2時間が過ぎると、観客は手が痛くなるくらいの拍手をいつまでも送った。

■サーカス団は、あと数日もすると他の場所へと移っていく。人生は旅に例えられることがよくあるが、彼らの場合、文字通り人生は旅そのものだ。同じところに住み、いつものところへと通うごく普通のサラリーマンとしては、届かないものへの憧れのようなものを感じてしまうけれど、そういう人生を選んだなりの苦労や悩みがあるであろうことくらいは想像できる。

■視野が狭くなると、どうしても自分の周囲の半径数メートルのことくらいしか見えなくなってしまい、他山の石ばかりがキラキラと眩しく輝いているように感じてしまう。けれど、自分の山にも、きっとキラキラと輝く石はゴロゴロと転がっているはずだ。そういったものを、積極的に見つけていこうと思う。

■なんてね。

【第21回東京探偵団】深川八幡祭/その3

お祭りの途中、激しい雨に見舞われましたが、
もともと水に濡れるお祭りですから、
まぁ、あまり気にしない気にしない、という感じでした

お祭りの後は、中華屋さんで腹ごしらえ。
って、お祭りの最中も沢山食べてたんですけどね
隊長お気に入りの餃子を食べさせてくれる叙香苑というお店です。

P1000240.jpg P1000241.jpg P1000243.jpg

P1000244.jpg P1000245.jpg P1000246.jpg

川越屋で飲んだ焼酎がいい塩梅で回ってしまったようで、
隊長はずっと眠ってしまっていました
隊員たちは比較的ゆったりとしたペースで、
それぞれの食べ物飲み物に向かって取り組んでいきました


あぁ、それにしても、こんなに楽しいお祭りは初めてでした。
水をかける(かけられる)だけで、こんなに気持ちいいなんて。
本祭りと呼ばれる大きな規模のものは3年に一度しかなく、
今年がまさにその本祭りでした
地元の人たちの笑顔、正直に祭りを好きだという心
真剣に祭りに取り組んでいる姿勢
そういったものに、実は静かにジーンと来ていた自分なのでした。

隊長、またまた楽しい経験をさせていただいて、
ありがとうございました
隊員のみんなと、またまた楽しいことしましょうね
で、美味しいもの食べましょうね

【第21回東京探偵団】深川八幡祭/その2

富岡八幡宮の例祭が俗に「深川八幡祭」と呼ばれていて、
赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭と共に
「江戸三大祭」のひとつに数えられているんだそうです

P1000223.jpg深川八幡祭は「水掛け祭」としても有名で、神輿を担いでいる人たちに観衆から清めの水が浴びせられます。濡れてもいい格好で来た探偵団の面々も、バケツに水をたたえて、力一杯に水を浴びせました。ドバッと勢い良く横からかけてしまうのではなく、天高く水を放り投げるようにして上からかけるのがいいんだそうです。自分、結構うまくできたと思うんだけどなぁ

P1000236.jpg牡丹町のハッピに身をつつんだ隊長も、ホースで参戦。日の当たり方によって、小さな虹が瞬間出来上がるのが幻想的でした。写真にはありませんが、自分と隊長、ほぼ上半身ハダカでした。それと、隊員こぐさんは水掛けだけでなく、神輿を担ぐ方にも参加していました。ハッピと足袋は川越屋のご主人から借りて、ずぶ濡れになりながらも笑顔で楽しそうでした

P1000225.jpg川越屋の近所にあるお米屋さんの黒ラブラドール、ベティーちゃんが、おこちゃまプールで遊んでいました。テニスボールがお気に入りのようで、何度も「投げて」と探偵団の足元へと持ってきてくれました

P1000238.jpg川越屋から出て少し歩いた頃。神輿を仕舞うところに出くわしました。どこの神輿もかっこ良かったけれど、この牡丹町の神輿が一番かっこ良かったように思います。キンキラしていなくて、渋い銅色がなんとも魅力的でした。

お祭りの本番(?)は次の日の日曜なんだそうですが、
前日の土曜日の方が道の裏側にも入ってきてくれて、
ずっと魅力的なんだそうです。

【第21回東京探偵団】深川八幡祭/その1

先週の土曜は、久しぶりの探偵団でした。
今回は、何処かをホテホテと歩き回る
いつものスタイルではなく、ひとつの場所で
まったりと過ごしました。

隊長のホームタウン、門前仲町で、
深川八幡祭というお祭りがやっていて、それに
参加しようというのが今回の目的です。
11時55分に門前仲町駅前の赤札堂に集合

P1000217.jpg目的の場所に向かう前に、その赤札堂でスイカを購入。かなりの重さです。それと、写真の明石屋というお肉屋さんで揚げ物を幾つかゲット。ここのキャベツメンチがとろけるほど美味しいのですが、残念ながら売り切れてしまっていました

P1000218.jpg伊勢屋にて巻き寿司などをゲット。店先に置いてあったお弁当も、とても美味しそうでした。外はとても暑いのに、お店の中の人はとても涼しげな顔でお客さんをさばいていきます。店の中はキンキンにクーラーが効いているのかなぁ

P1000219.jpgそして、辿り着いたのが、ココ。隊長ごひいきのお店、川越屋です。こじんまりとした、昔懐かしい香りをたっぷりと感じさせてくれるお店です。ご主人と奥さま(あと、娘さんも?)で切り盛りしていて、とても家庭的というか家族的と言うか、居心地がいいんです

P1000226.jpg店先に並ぶ焼鳥の数々。タレの甘辛い香りがプワーンと漂ってきて、もうガマンできない感じです

P1000229.jpg焼鳥ももちろんですが、この玉こんにゃくが絶品。カラシをたっぷりとつけて、ハフハフしながら食べるんです。味がしっかりと染み込んでいて、噛む度にシアワセが染み出てくる感じです

P1000220.jpg先ほど幾つかのお店で購入したものを持ち込んで、いざ、お祭り(?)のスタートです。ご主人の作ってくれたゴーヤーチャンプルー、煮込み、筍の煮物、ししとう、などと一緒にいただきます。全てがおいしく、なんて幸せなんだろう

P1000221.jpg明石屋の揚げ物も、ハムカツを始めみんなイッキにかぶりつきです。

P1000237.jpgこちらはご主人の出してくれた貝もの。サザエとホタテ、かな?これもむちゃウマかったです。噛めば噛むほど味が出てきて、固すぎず柔らかすぎずで、文句ない文句ない

…っと、お祭りに来たはずなのに、
食べてばかりですね
キッチリとお祭りにも参加しましたよー

◇今週の体重&体脂肪率

weight20080817.png

【体重】45.0kg
【体脂】測定不能

夏バテ、かな。。。

■青い暑い空に水の舞う

■わっしょい、わっしょい。老若男女の声が空を舞う。バケツやホースから撒かれた水も空を舞い、神輿を担いだ法被姿の人々を濡らし、アスファルトに落ちてすぐに消える。難しい顔などひとつもなく、全てが笑顔だった。突然に襲ってきた雷雨も、ひとつの演出として機能する。

■こうして、夏は終わっていく。海に行くこともなければ、実家に帰省することもなく、普段よりも人影の少ないオフィス街で普段通りに仕事をしている日々だった。そんな日々にももう慣れ、世とはそういうものだと諦めてしまった。

■ふと、そんな日々を考え直してしまう瞬間もある。もっと別の生き方もあるのかなと悩んでしまうこともある。難しく考えすぎているのかもしれない。考えることを止められたら、どれだけ楽になれるだろう。

■夏が終われば秋がやってきて、すぐに冬になる。悩みながらも、日々は続く。

■なんてね。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20080810.png

【体重】45.8kg
【体脂】測定不能

少しずつ、体重回復です。

■空に消えてった打ち上げ花火

■草野球や街歩きで、いつもお世話になっている方が、こんなことをポツリと言った。飲んでいたり街歩きをしていたり、その場はとても楽しくて好きなんだけど、それが終わったふとした時間に、とても落ち込んでしまうことがあるんだ。

■その気持ち、とてもよくわかる。数時間後に控えた日常とのギャップがあまりにも大きくて、持て余してしまう気持ちをどうバランスをとっていいのか、わからなくなってしまうのだ。矢井田瞳の歌詞を借りて言うなら、「No good to have lots of beautiful things because I'm scared to lose them」といったところだろうか。

■だからといって、初めから持たない、持てないでいるよりも、ずっとずっと、幸せなのだと思う。日曜の夜は、いつもドヨンとした気持ちになってしまうけれど、それでも時計は進んで、確実に月曜がやってくる。

■難しく考えすぎなくていい。どれだけ強く見える人も、同じ悩みを抱えて生きている。

■なんてね。

IKEA de SWEETS

子供たちの夏休みも、
半分が過ぎてしまったんですね。
オトナな自分たちには、全く関係ないことではありますが
ああ、オトナにも夏休みがあったらいいのになぁ

P1000209.jpg今日は、船橋のIKEAに行ってきました。スウェーデンの家具屋さん、でっかくてお洒落で、見ているだけで楽しくなってしまいます。家具を見て回る前に、まずはソフトクリームをいただきました。50円って、安いっ

P1000210.jpg家具をひと通り見た後で、またまたソフトクリームをいただいてしまいました。今度のは、マンゴーソースのかかったサンデー。150円です。これでも安いです

IKEAから帰ってきたら、平日の疲れがドッと出てしまい、
バタンと眠ってしまいました

…さて、もう寝なくっちゃ(^▽^;)。。。

残暑お見舞い申し上げます

P1000202.jpg暦の上では秋だけど、
まだまだ暑い日が続きます。

ま、のんびりと、いきましょう。

にゃんとかにゃるさ~。

東京探偵団外伝/七ヶ浜遠征その6

th_IMG_4643.jpgみうら食堂を後にして、七ヶ浜方面へと戻ります。少し散歩をしようということで、車を適当なところに停めて歩き始めました。うん、なんともアヤシゲな看板ではありませんか


th_IMG_4650.jpgあっ、お父さん…っと、違います。このわんちゃん、もう少し白かったらソフトバンクのCMのお父さんなのですが。。。

th_IMG_4651.jpgお父さんのところからそれほど離れていない一角に、アヤシゲな「チビッコ公園」がありました。うっそうと茂る雑草に、錆び付いた鉄柱。。。こんなところでチビッコたちを遊ばせて大丈夫なのでしょうか。ま、こういうところ、子供たちは好きですけどね

th_IMG_4652.jpgこちらは、また別の場所で見かけたチビにゃんこです。人に慣れていないのか、全然近寄ってきてくれませんでした。。。

カーナビに慣れておらず、道に迷いながらも
グイグイと進んでいきます。

th_IMG_4657.jpgそして、迷い込んだ海。というか車では行けない浜なんですけどね。ほとんど誰もいなくて、静寂の中に波のくだける音だけが聴こえてきます。まったりです。

th_IMG_4662.jpgここ最近、、、に始まったことではありませんが、、、ずっとお仕事が忙しくて、ココロに余裕が持てない毎日。そんな毎日とは全く違うスピードで、この時間は流れているのだな、なんて考えてしまいました

th_IMG_4666.jpg波打ち際を、ズボンの裾をまくって歩く。ただそれだけで、ナツって感じですね。向こう側には、「松島や~」の松島があります。

まったりとした時間を浜辺で過ごし、
仙台に戻りました。

th_IMG_4676.jpg数年前に隊長が訪れたと言う、仙台駅近くの牛タンのお店「真助」へ。1.5人前をいただきました。ペロッといけちゃいますね

そして。
隊長の運転で東京に戻ってきました。
結局、帰りも隊長一人に運転を任せっきりでした
隊長、すみませんでした。。。
東京に近づくと事故渋滞に巻き込まれ、
なんとそれがあのタンクローリー炎上の事故だったと
知ったのは、翌日でした。。。
あんなにひどかったんですね


東京探偵団の関東脱出遠征は、昨年の京都遠征に続いて、
これが二度目でした。
こうして出掛けるのって、いいですよね
というか、
こうして一緒に出掛けてくれる人たちがいるってこと自体が、
とても幸せなことなんだなって思います。

みんな、ありがとね

東京探偵団外伝/七ヶ浜遠征その5

日曜。
朝8時にホテルのロビーに集合
眠気まなこをこすりつつ、
東京探偵団の七ヶ浜遠征2日目はスタートしました。

th_IMG_4631.jpg朝ご飯は隊長オススメ、塩釜の「みうら食堂」でいただきました。

th_IMG_4632.jpgおお、もしツアも来てたんですね。

th_IMG_4633.jpgメニューに並ぶ様々な定食は、全てがリーズナブルです。

th_IMG_4634.jpg隊長と隊員こぐさんはブリの塩焼き、隊員みさんはいか刺、自分は玉子焼きの定食をいただきました。玉子焼きも、いか刺も、ブリも、むっちゃくちゃおいしいっ。一緒に出てきた海藻のお味噌汁が、これまた絶品でした

th_IMG_4635.jpg朝食を終えて腹ごなしのお散歩。近くの市場をフラフラと歩きます。

th_IMG_4637.jpg既にピーク時間を過ぎたからなのか、想像していたよりもひっそりとしていたような印象でした。市場と言うと、もっとガーッと活気が溢れているイメージをしていたんです

th_IMG_4640.jpg隊長の後ろ姿の向こうに、幾つもの船が泊まっています。

東京探偵団外伝/七ヶ浜遠征その4

th_IMG_4612.jpgそして、待ちに待った牛タンです。利久という牛タン屋さんに連れて行っていただきました。


th_IMG_4616.jpg出てきた牛タンを見て最初に思ったのは、ただただ、「厚っ」のひと言。関東にいて食べる牛タンと比べて、一体これはなんだ!?というくらいに肉厚でジューシー。柔らかくて適度な歯ごたえがあって。。。

th_IMG_4628.jpgこちらはテールスープ。澄んだスープと、中のお肉と、ネギ。幸せな味です

th_IMG_4613.jpgth_IMG_4615.jpgth_IMG_4618.jpg
th_IMG_4624.jpgth_IMG_4625.jpgth_IMG_4629.jpg

その他にも美味しいものを沢山食べて、
普段は触れ合えないような沢山の人たちとお話をして。
楽しい時間は、アッと言う間に過ぎていきました。

ホテルに戻って二次会のはずでしたが、
隊長さんが部屋に帰るなりバタンキュー
みんな、大人しく各自の部屋で眠ることにしました。。。

東京探偵団外伝/七ヶ浜遠征その3

浜の他に、幾つかの場所の調査(?)を終えると、
あとは牛タンを待つのみ
…とかいいながら、ちょっと小腹が空いてきた探偵団の面々。

th_IMG_4598.jpg偵察先の浜へと向かう車から見えた一軒の店が、とても気になっていました。イカニモな雰囲気の、探偵団にピッタリなお店。その名も「ハトポッポ」。


th_IMG_4600.jpgおそるおそる入ってみると、何とこれが想像以上。高校生が学校帰りにタベッていそうな感じです。壁という壁のいたるところに、子供たちが適当なメッセージを書いた紙が貼付けられていました。

th_IMG_4602.jpgというわけで、東京探偵団も遠征記念にペタッと貼ってきました。なんだか、学生に戻った気分です

th_IMG_4603.jpg牛タンが待っているというのに。。。甘辛いソースのにおいを嗅いでしまうと、食べたくなってしまうんですよねー。安くて、おいしくて、たっぷりな焼きそば。その横に置いてあるのは、お店オリジナルのワッフルです。ワッフルは、さすがにその場では食べず、お持ち帰りにしました

th_IMG_4608.jpg四角くて黒くて、巨大な味噌田楽に見えますが、これ、お好み焼きです。お好み焼きなのに、なぜ四角形なの。これには、ちゃんと理由があるんです。お持ち帰りのために容器に入れる際、従来のまるい形だと半分に折らなくてはならず、そうすると見た目的にあまり綺麗ではないので、ならいっそのこと最初から四角く焼いてしまえ!ということで、四角くなったんだそうです。これ、感動的にウマかったです。生地がフワッフワで、甘辛の自家製ソースがよくマッチしていました

th_IMG_4611.jpgシンプルな目玉焼きに、豚肉を数枚プラス。コショウの効き具合が最高でした

ああ、牛タンが待っているというのに、
沢山食べてしまいました。。。
でも、ホントに美味しかったぁ~
絶対にまた行くぞっ

東京探偵団外伝/七ヶ浜遠征その2

th_IMG_4587.jpg七ヶ浜国際村は、「文化芸術の創造・発信基地として」の役割をもつ施設だそうです。あまり大きくはないけれど、綺麗で立派な建物でした

th_IMG_4588.jpg自分たちが訪ねたときには、ちょうど沖縄フェアーといった趣のイベントが開催されていました。三線の音色と、独特な唄い回し。北にいるのか南にいるのか、わからなくなってしまいます。マンゴーソースがかかったソフトクリームを食べました。ソーキソバも食べたかったのですが、夜の牛タンを思って、ジッと我慢

th_IMG_4591.jpgth_IMG_4592.jpgth_IMG_4593.jpg

。というか、浜。
今回の遠征の目的のひとつは、この浜を見てくることでした。
とてもいい感じです。

th_IMG_4597.jpgさて、車に戻ろうとしたその時、かわいいヤツがひょこっと顔を出してくれました。淡いブルーの瞳をしたにゃんこ。やっぱり、探偵団と言えばにゃんこでしょう

東京探偵団外伝/七ヶ浜遠征その1

おお、久しぶりに週報と体重以外の記事です

先週の土日。
訳あって、仙台に近い七ヶ浜というところに行ってきました。
東京探偵団の隊長さん&隊員みさん&隊員こぐさんと自分
朝の7時に高田馬場駅に集合して、レンタカーを借りて、
いざ、出発です

th_IMG_4571.jpg出発して七ヶ浜に着くまで、隊長さんが車を運転してくれました。自分も運転するつもりでいたのですが、前日の仕事が午前2時くらいまで続いていて、ウトウトしてしまいそうだったので、諦めました。隊長、ありがとうございました

th_IMG_4572.jpg適当なサービスエリアで休憩。自分はお好み焼きモチーズというものを食べました。うーん、この、いかにもジャンキーな味わいが、車で遠出をしているんだという雰囲気をより濃く演出してくれます。隊員こぐさんはメンチカツバーガー

約5時間で、七ヶ浜に到着しました。
隊長、運転お疲れさまでしたー。

th_IMG_4586.jpg腹が減ってはイクサはできぬ。ということで、隊長おなじみというかオススメというか、そんなお店「とと家」でお昼ご飯を食べることにしました。下の写真は中落ちのランチです。これ全てで840円って、すごいですよね

th_IMG_4575.jpgth_IMG_4576.jpgth_IMG_4577.jpg
th_IMG_4582.jpgth_IMG_4585.jpg

感動的に安くて美味しいとと家のランチ。
その感動の余韻に浸りつつ、今度は自分の運転
七ヶ浜国際村というところへ移動です。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20080803.png

【体重】45.6kg
【体脂】測定不能

少しずつ、体重が戻ってきました。
週末にたくさん食べたからかな?

■レンタカーと日焼け止めクリーム

■気がつけば、もう8月だ。ここからの数週間あるいは数ヶ月も、これまでと同様、あっと言う間に過ぎていくことだろう。時間の流れを緩やかにする魔法があるとしたら、迷うことなくいま使ってしまうような気がする。

■訳あって、週末に宮城に行ってきた。三方を海に囲まれた小さな半島で、曇りとはいえなお強い日差しから肌を守るために、普段は使うことのない日焼け止めクリームを顔と腕に塗った。たっぷりと塗ったつもりだったけれど、それなりに黒くなってしまったようだ。

■漫画家の赤塚不二夫さんが亡くなった。シンプルが故に印象に残る。そう言いながらコップ酒を飲む映像が、テレビ画面に静かに流れていた。合掌。

プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。