スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20090726.png

【体重】46.0kg
【体脂】測定不能

ま、こんなもんでしょうか。。。
スポンサーサイト

■地球と月と太陽

■月曜の15時30分。中国国際航空CA930は予定通り成田空港を出発した。翼のすぐそば、窓際の席に座ると、初めての中国大陸への緊張感もそこそこに、強烈な睡魔に襲われ始めた。気がつくともうそこは上海、という感じだった。

■空港まで迎えにきてくれた現地スタッフの車に乗り、混雑する高速を途中で降りて夕食を摂り、上海郊外のホテルへ。インターネット回線の接続試験などをしていると、あっという間に時計は午前3時をさしていた。

■翌日。ロケーションも、インターネット回線も、どちらもあまりよくないということが判明し、慌ててホテルをチェックアウト。スタッフの自宅をベースにすることも考えたが、やはりインターネット回線がどうしても上手く行かない。結局、別のホテルに移ることにした。午前中から感じてはいながら無視しようとしてきた頭痛が、もう耐えられないくらいにひどくなっていた。いろいろな薬を試し、夕方過ぎになってようやくおさまってきた。

■到着した日には42度を越え、陽も射すような天気だったが、夕方には強い雨が降り始めた。皆既日食の撮影に来たのに、太陽が見えなくては仕方がないではないか。天気を変えることはできない焦りを感じつつ、短い眠りへと落ちた。

■皆既日食当日は午前3時半起き。日本のスタッフと打ち合わせ、その時を待った。日食がスタートし、しばらくは雲の隙間から太陽が見えることもあったけれど、時が経つにつれ雲は厚くなり、いつしか雨も降るようになってしまった。皆既の時間には、絶望的な雲と雨が目の前にあった。太陽は全く見えず、しかし、皆既帯だけあって外はまるで夜のように真っ暗になった。

■高校時代に天文気象部の部長をしていた身としては、このような経験ができることはとても興奮することのはずなのだが、撮影が上手くいっているのかという心配ばかりが先に立ち、感動のシーンを味わう余裕はなかった。

■撮影が終わると、また別のホテルへ。昼を過ぎたばかりだというのに、ホテルからは一歩も外へ出ず、ただただ、泥のようにベッドに倒れ込んだ。

■帰国の便は、14時15分発の予定だったが、使用機材の到着遅れにより、17時出発となってしまった。見るべき店もそれほどない空港で、ただボーッとしているしかなかった。

■振り返ってみれば、いい経験だったのだろう。仕事とはいえ、皆既日食という一大イベントに参加できた。雨が降ってしまったけれど、太陽が月に隠されて真っ暗になるという経験は、もう二度と味わえないかもしれない。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20090719.png

【体重】44.6kg
【体脂】5.6%

まぁ、食べられない日が増えちゃいましたからね。。。
しっかり食べるようにしなくっちゃ。

■とんぼがえり。おかえり。

■3連休初日の土曜。観光客で混雑する高速道路を、エアコンの壊れたCR-Xが走る。東名下りが右ルートと左ルートに分かれる手前あたりで、くっきりとは言えないけれど、富士山が見えた。渋滞を避けようと裏通りを選んで失敗したりで、西伊豆の実家に着いたのは千葉を出て6時間半後だった。

■金曜の夕方に父から電話がかかってきて、叔父の死を告げられた。先週お見舞いに行った叔父だ。沼津がんセンターというところに入院していた叔父は、一度は切り取ったがんが転移し、全身に広がっていたのだと言う。亡くなって、帰りたがっていた西伊豆へと戻ってきた。お帰りなさい。

■叔父の家に行くと、叔母やいとこが迎えてくれた。布団の中の小さな叔父は、その顔に穏やかな表情を浮かべていた。がんや抗がん剤で苦しかったろうに。おじちゃん、おつかれさま。叔父の顔を見ながら、幾度も話しかけた。

■祖父は自分の車の助手席に乗り、叔父の家から実家へと戻った。祖父を届けたらそのまま千葉へ帰るつもりだったが、何となくそうしてはいけないような気がして、少しだけ祖父と話を続けてから帰ることにした。日曜にはまた仕事があり、数時間の滞在で伊豆を離れなければならなかった。来月にはまた来るからね。玄関先で涙を流す祖父に、そう言って手を振った。

■明日からは上海へ出張だ。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20090712.png

【体重】46.4kg
【体脂】測定不能

まだまだですね。

■母と祖父と

■金曜。会社にはお休みをいただき、伊豆の実家へ帰ってきた。昼前に千葉を出て、途中途中で寄り道をしながら、西伊豆の実家へと着いたのは夕方だった。最後のトンネルを抜けると、徐々に暗くなり始めた故郷が眼下に広がった。町営の温泉で汗を流し、子供時代の想い出のラーメン屋を訪れた。夜中には次兄も柏から帰ってきた。

■翌朝には実家を出た。いつものように、祖父が駐車場まで送りにきてくれた。開け放った車の窓か「また来るね」と言うと、祖父は涙を流した。この瞬間が、いつも、切ない。

■父も乗った兄の車を先導役に、2台の車は北へと向かう。母の入院する病院までは、1時間と少し。途中、母に合いそうな服を幾つか見繕う。この季節、長袖のシャツはなかなか置いていないようだ。

■入院した母は、すっかり元気をなくしてしまっていた。話をしても、弱気な発言ばかりが目立つ。それでも、話ができるだけまだ元気なようだ。気持ちのもちようだ、と言ってしまえば簡単だが、本人にとってはそれほど簡単なことではない。祖父と父の健康が気になって仕方がない様子だった。兄も自分も、なかなか言葉が出てこなかった。

■母の病院を後にして、次の場所へ。これまた病院だ。叔父が入院する病院は、母の病院からまた車で数十分ほど走ったところにある。すっかりやせ細ってしまい、声もほとんど出なくなってしまった叔父。変わり果てた叔父が父と話す姿を見ていたら、目頭がじんと熱くなってしまった。何を言えばいいのか、頭は真っ白になったままだった。叔父の目に、記憶に、自分の姿を焼き付けることはできただろうか。

■みんなみんな、いっぺんに歳をとってしまった。母の病院にも、祖父と父の待つ実家にも、なるべく帰るようにしよう。何処までできるかは、正直わからない。自分にも、兄たちにも、既にそれぞれの生活があることも事実だ。難しいことではあるけれど、それも自分の運命だから、受け止めて、向かっていくしかない。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20090705.png

【体重】46.0kg
【体脂】6.2%

ちょっと減りました。

■CAN YOU CELEBRATE?

■気がつけば6月も終わり、7月も数日が過ぎてしまった。ようやくと言うべきか、梅雨らしいジメジメした空が続くようになった。家の中全体を巨大な乾燥機にかけてしまいたい、そんな天気が続く。

■土曜、後輩の結婚パーティーで銀座へ行った。名古屋で既に結婚式を挙げているのだが、こちらでの知り合いも多く、そこへのお披露目として開かれたもので、出席者の8割が会社関係の人たちだった。久しぶりに会う新郎新婦があまりに幸せそうで、こちらまで幸せな気分になってくる。

■いろいろなことがある。ほんとにビックリするくらいに、いろいろなことはいちどきにやってくる。それらの先に、静かな何かが、きっと、あると信じて、今はただ、がむしゃらに生きていこうと思う。

■なんてね。
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。