スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20090927.png

【体重】44.6kg
【体脂】5.1%

体脂肪率が久しぶりに出ました。
あれ、体重がまた減った。。。
スポンサーサイト

■ゴミ袋と段ボール

■部屋の片隅に、幾つかの段ボール箱が積み上げられている。まだ全てではないけれど、本やCDを棚から段ボール箱に移している。

■約10年間、大学院生だった頃から住んでいたこのマンションを、来週には出ることになっている。なんとなくリアリティーがないけれど、パンダのマークが入った段ボールを見ていると、やはり本当に引っ越しをするんだなと感じる。

■あと数日で10月になる。10月になったら、ひとつの告白をしようと思う。

■なんてね。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20090920.png

【体重】45.8kg
【体脂】測定不能

食欲の秋だからかな。
体重が少しずつ戻ってきています。

■オリオン、見つめていて。

■休みは、どれだけ長くても一瞬で過ぎ去ってしまう。聞き慣れないシルバーウィークという言葉も、あっという間に過ぎてしまったように思う。木曜金曜も含めて、今もシルバーウィーク真っ最中なのかもしれないけれど、カレンダー通りに休めただけでもありがたいことだ。

■休み期間中はほぼずっと家を空けていて、ブログの更新ができなかった。数本、仕事関係の電話がかかってきたけれど、とてものんびりとした時間を過ごすことができたと思う。期待と言うか想定と言うか、5日間もの休みが不意にぽんと与えられたような状況に、現実感を伴わない戸惑いを覚えていた。

■そんな連休も、過ぎてしまえばまた普通の日々がやってくる。何となく気の抜けてしまったような、腑抜けの心身に気合いを入れ直す木金となった。

■午前3時のコンビニ帰り。東の空にはオリオン、おおいぬ、こいぬ、ぎょしゃ、ふたごといった冬の星座が輝いていた。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20090913.png

【体重】45.4kg
【体脂】測定不能

夏が終われば、また体重が戻ってきますね。
体脂肪率もかえってくるかな?

■前へ。前へ。

■先週の太陽は、雲の向こうに隠れてしまい、陽射しを確認することはできないようだ。

■土曜、先週に引き続いて新しく住むことになる場所を探すために不動産屋へと出掛けた。先週見ていた場所で、一番のお気に入りを再度見せてもらい、その最終確認をして契約へと進むつもりだった。予定通りその物件を見せてもらった後、もう1件だけ、不動産屋のウィンドウに張り出されていて気になったものも見せてもらうことにした。

■まさか、それに決まってしまうとは、1時間前には想像もしていなかった。最後に見た物件は、これまで見てきたものと比べ、いろいろなところで勝っていた。唯一、風呂の追い炊き機能が外れてしまうことを除けば、木造は鉄骨になり、部屋は小さなものがひとつ増え、駐輪場があり、価格もそれほど上がらず、周囲から中が見えにくく洗濯物も干しやすい。その場ですぐには契約しなかったが、家に帰って洗濯機のサイズを測り、ちゃんと部屋の中に入ることを確認すると、急いで電話をして押さえてもらった。

■少しずつ、少しずつ。いろいろなことが決まっていく。いや、決めていく。思い立って、不要と思われる本を一気にまとめ、古本屋に持って行った。89冊の本は2010円にしかならなかったけれど、金額はどうでもいい。新しい生活を始めるために、なるべく身を軽くして行こうと思う。クローゼットの中には、まだ不要なものがたくさんある。リサイクルショップに持って行くなり、捨てるなり、雑巾にするなり、もちろん無理に捨てるつもりはないけれど、本当に不要なものは、整理して行こう。

■雨が上がり、陽が射してきた。今住んでいるような、1階では乾燥機をかけることしかできなかった布団を、太陽にさらすことのできる生活が、もう少しで始まる。

■なんてね。

◇今週の体重&体脂肪率

weight20090830.png

【体重】44.4kg
【体脂】測定不能

きょうは、歩いて行ける距離に住んでいながら、
10年目にして初めて、ジャニーズ「嵐」の相場くんの
実家の中華料理屋さんに行ってきました。
正午前後はファンと思われる女性たちで行列でしたが、
少し時間を後ろにずらして行ってみたら、それほど
並ばずに入ることができました。
ランチは安くてとてもおいしかったですよ。
息子さんの名前に寄りかかったりしない、
とてもステキなところでした。

■preparation to begin the new life

■京葉線で海浜幕張より東に行く用事なんてこれまでなく、検見川浜の駅に降りたのは初めてだった。駅の北側のロータリーには忙しく車が出入りしていた。少し歩くと、公団の古めかしい建物が沢山建っているのが見える。

■事務所に寄って鍵を借り、中の様子を見せてもらったけれど、リニューアルしたというフローリングの床がペコペコで、大袈裟ではなく、歩くと平衡感覚を失ってしまうほどだった。キッチンからその部屋の床を見ていても、へこんでしまう様子が明らかなくらいに見える。駅からの距離と価格は申し分ないけれど、この状態で数年を過ごすことになることを考えると、ちょっと、ないかな、という感じだった。

■幕張本郷に戻り、普通の民間の物件を探すことにした。公団の後なので、価格はどうしても少し高くなってしまうけれど、民間ならではの努力がはっきりと現れているのがよくわかった。あまりにもたくさん見すぎて、何がいいのかがわからなくなってきたという感もあるが、これが気に入った、という物件に出会うことができた。

■引っ越しなんて、まるまる10年ぶりだ。学生時代に住んでいた綾瀬。その前に住んでいた矢口渡。まだ正式契約はしていないけれど、ちょうど今住んでいるところの更新時期でもあり、早めに決めなければならない。物件探しは疲れるけれど、新しい何かを始めるワクワク感を感じている。
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。