スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■おまけ故に

■金曜の夕方、一日の仕事を締めくくろうとパソコンの画面に向かっていると、携帯電話がルルルと鳴った。「お前に保険をかけることにしたから」と、母は猪突に言った。突然過ぎて、初めは何のことだか理解できなかったが、その言葉の通り、郵便局の健康保険を自分の名前で契約するよ、ということだった。お金はこっちが払うから心配しなくていいよ、とのことだった。

■親には、親自身のためにお金を使ってほしい。服を買ったり美味しいものを食べたり旅行に行ったり。生まれてから大学院を卒業するまで、充分過ぎるくらいにお金をかけてもらった。30を過ぎた息子に、もうその必要はないのに。

■こういう時、いつも自分は突っぱねてしまう。めんどくさいのか照れくさいのか、いいよそんなの、と言ってしまう。そういえば、既にひとつ、自分の知らない間に養老保険に入っている。自分にもしものことがあったら、親にお金が入るのだろうか。息子が知らぬ間に保険金をかけるだなんて、親は何を考えているのだ、などと思ったこともあった。

■親は、やはりいつまでも親なのだ。自分が幾つになっても、息子以外のものになることはない。母がそう望むなら、保険に入ってしまってもいいかな、と思い直すことにした。

■あと1週間で、自分は31歳になってしまう。昨年の誕生日、30歳になった時点で、これからの月日は「おまけの人生」だと思うことにした。小さな頃から、自分は30歳になることはないと思っていた。けれどいま、こうしてまだ生きている。いまある、そしてこれからも続くであろう月日は、想定外に与えられたおまけなのだ。そう思ったのは、だからいつこれが途切れることがあったとしてもまあいいか、とあきらめるためだった。

■けれど、いま、その考えは少し違う方向を向くようになった。おまけだからこそ、楽しもう。駄菓子についてくるおまけが、どれだけ少年少女の心を躍らせることか。こんな自分にも、幸せを願ってくれる人がいる。楽しくなれと思ってくれる人がいる。自分のことを少しでも考えてくれる人がいる。貴重な時間を使ってくれる人がいる。そう思えることが、どれだけ嬉しいことか。静かに、強く、生きていける。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぴ。さんの お母さんの気持ちは どこの親御さんとも同じだと思います。私の両親も同じ。
私は学校を卒業し親元を離れ月に少しずつですが お金に余裕があれば仕送りしていました。(それは これまでの感謝の気持ちからです) でも 父は そのお金を貯金してくれていました。私からしたら 好きなように使って欲しかったのに 親の気持ちは そうではなかった。
だから 私は仕送りも なるべく続け田舎に帰るときは父と母に それぞれプレゼントを買って帰ってました。時には そのプレゼントが彼らにしたら ?と思うようなものだったとしても 私の前では凄く喜んでくれた。
私が 田舎に帰るとき 母は私の好きなもの冷蔵庫に沢山買ってきてくれ。。今でもそうですが 両親の暖かさには感謝しています。

きっと ぴ。さんの お母さんも健康の大切さを思い遠くに住んでいる 我が子の心配から保険の話を思われたんでしょうね

ところで ぴ。さん。
私ね 思うんですが 30歳からが本当の人生の始まりだと思うんです。それまでは人生の基盤作り。
辛い事もあるけど楽しいことが盛りだくさん これから出てくると思います。

私も、いつのまにか親が私の名前で養老保険に入ってました。
お金は親が払ってくれてて、ぴ。さんと一緒ですネ!
私が保険に入るのは月々の支払いもあるから大変だし、でも病気になった時のためにと思って黙って入ってくれたのだと思います。
それに、最近、遠く離れた田舎での保険が、こちらの年末調整にも利用できるのを知り、感謝感謝です!!

私は親から食料など仕送りを貰っているのですが
親の母親に言われました。
「仕送りいらないなんて言わないでね?○○に荷物を送るの楽しみにしてるから。生きがいなんだし」って。

そんな風な気持ちで送ってくれた荷物に感謝を込めて、お礼の連絡をするのが小さな親孝行なのかな?なんて思っています。

親は、いくつになっても頼ってほしいと思っているんじゃないでしょうか?
誰でも、必要とされなくなったら寂しいですよネ。
頼りすぎは行けませんけどr(^ω^*)))

>のあさん
親はいつまでも親だし、子はいつまでも子なんですね。
どの家族でも、きっと、子供は、そして親は、同じような
ことを考えて、経験しているのでしょうね。
自分、いまは仕送りとかできてないなぁ。。。
ヾ(_ _。)ハンセイ…
高校時代からもらっている奨学金の返還で、
社会に出た途端に500万円近くの借金を
抱えていた自分です(;´▽`A``。
あれ、これってあといくら残っているんだっけなぁ(^▽^;)。

人生は30から。
きっと、そうなのかもしれません。
自分には、まだその実感がなくって、
変にあがいちゃっているのかなぁって思います。

>ここぽんさん
知らない間に保険…これ、最初むっちゃ焦りました。
保険金殺人!?…えぇっ、親は俺に死んでほしいのかぁ!?って。
そんなことはもちろんないのですが、
最初に聞いた時には焦ったなぁ(;´▽`A``。

頼られてるなって感じられることが、
親にとっては幸せなのかな。
うん、必要ないよって言われたら、
寂しいですもんね。

遅ればせながらインディアンスパの

ご報告!!!

まずハチミツのようなキャベツがおー辛い

甘いはずのルーがおースパイシー

甘さと辛さのバランスですね

こんなのは初めてですし、食べてみないと
なんとも伝えようがありませんねぇ!

大阪みたいに早く近くに支店出来ないかなあ!

なにげにお皿もカッコイイよいです。
こんどは大盛りだ~。

ではでは♪

>ぷりゅすさん
おお、食べてきましたね!
ね、ね、美味しいでしょ~。
やっぱり実際に食べてみてもらいたかったので、
嬉しいですo(*^▽^*)o~♪

大盛り、是非行っちゃってください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。