スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■サクラ待ち

■草野球仲間との東京下町散策をするようになって、歩くことに興味を覚えるようになった。大きな目的もないままに、自分の足を使って東京の街をただただ歩く。知らない街も、幾度か通ったことのある道も、歩き、時に足を止め、ふとした瞬間をカメラと心に収める。結局は取ることができなかった今年度の夏休みを、小刻みに取り戻しているようだ。

■今週は「ひとり東京探偵団」と称し、東京駅からひたすら東へ、永代通りをメインに歩いた。全く知らない街を歩いているつもりが、仕事で来た交差点、友人の住む街、草野球仲間と来た広場など、ちょっと知っている風景に出くわす度に、思わず笑ってしまった。

■社会人になって初めての顧客訪問。営業の先輩に連れられ、茅場町の交差点をドキドキしながら歩いた。仕事で遅くなった一日、門前仲町に住む友人を、CR-Xに乗せて高速を飛ばした。歩きながら、少しだけ過去へとタイムトリップしてしまったような、危うげな錯覚を覚えた。

■足を棒にしながら、結局は3時間も歩いていたことになる。気がつけば、万歩計は2万歩を越えていた。東京メトロ葛西駅で電車に乗る頃には、腹筋が悲鳴を上げているのが面白いくらいによくわかった。

■歩くことは楽しい。けれど、本当のことを言えば、自分にとって、歩くこと自体も楽しいけれど、その楽しさを求めているのではないのかもしれない。草野球仲間と歩くように、好きな人たちと一緒にいるからこそ、楽しいと思える。あくまでもメインは、好きな人たちと一緒にいること。好きな人たちと一緒にすることが、歩くことである必要はなくて、本当は何でもいいのだろう。

■ひとりでいることには慣れている。慣れてしまった。いつか、大切な誰かと、ちょっと照れながら、ゆっくりと、何処かの街を歩いてみたい。

■なんてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

歩く

そうですね。
いろんな町を歩いて発見するのは面白いです。そして一緒に歩く人が
いると会話も弾みさらに楽しいのでしょうね。きっと・・・v-252

ひとりかふたりか大勢か。

私も、ぶらぶらと歩くのは好き。
そして、誰かと一緒に歩くのは楽しい!
けど、いざ、振り返ってみると、ひとりで歩くのが結構好きだなと今思いました。
時間を気にせず、思いついたまま、好きな所で好きな時間を過ごす。

買い物とか、誰か一緒じゃないと買えないって人もいますが、私は一人の方が買いやすい。
ひとりっこで、ひとりになれているからかな?
いや、本当に買い物したいときは、誰かとしゃべっていると、すてきな物を見落としてしまうから。

写真を撮りに行くのも、一人が好き。
相手を待たせることなく、好きな場所に好きなだけいれる。

でも!!やっぱり人といるのは楽しい。
うーん、何を言いたいのか、判らなくなった。
ははは。

一人は一人、二人は二人、大勢は大勢の楽しみがあるってことかな?うんうん。そうしとこう。

さわっているにゃんこ、かわった柄だね。

>かのんノンさん
ただただ歩くこと、それだけで楽しいですよね。
それはそれとして、自分が感じていたいのは、
誰かと一緒にいるっていう実感で、
それが歩くことによらなくても、
本当はいいんじゃないかな?
なんて、思ってます(;´▽`A``

>風使いさん
お買い物とか写真とかの目的があったり、
ひとりでいたい時には、歩くっていいのかも。
ごめん、やっぱ俺、淋しがりやなんだな、きっと(^▽^;)。

にゃんこの柄、イナズマみたいだね。
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。