スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■うららかな春に

■金曜。悪くなっていくという当初の予想とは裏腹に、天気は大きく崩れることはなかった。逗子を目指す横須賀線の車窓からは、葉の緑が目立ち始めた桜が、陽の光を受け、柔らかな風に揺れているのが見えた。

■会社の先輩が結婚した。新郎とは今も同僚で、新婦も元同僚だ。二人がつき合っていたこと、結婚を考えていたこと、どちらも全く知らなかった。先輩が夜勤に入る前に一緒にカレーを食べに行き、会社へと送る車の中でそのことを知った。

■鶴岡八幡宮での式。アプリシェール葉山庵でのパーティー。二人は自然に手を繋ぐ。あまり多くを語ることなく、互いを見つめ合っている。青空を従えて、二人が歩いていく。

■初めて見た先輩の涙。あなたたちの子供で良かった。新郎のその言葉に、目頭が熱くなった。これまで出席してきた中で、一番の感動を覚えた。カメラのシャッターを幾度も切りながら、涙が出てくるのを必死に堪えていた。

■家に帰ると、さっそくカメラのデータをパソコンへと移した。眩しい笑顔。凛々しい後ろ姿。繋いだ手。溢れる思い。四角く切り取られた幸せのシーンが、画面いっぱいに広がった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんか、春らしいいいコメントですね。
ちなみに、私も週末はいとこの結婚式です。
私にとっては、二回目の結婚式参列ということで
やはりまた緊張してきた。
特に、何かやるわけではないけれど、、、。

人の幸せをみて、自分を嘆いてはいけない。
人の幸せをみて、自分も幸せになろう。
と、今ふと思いました。
だって、春だもんね!人生前向き!!

>風使いさん
そう、前向きに、ねっ!
自分はどちらかというと普段は後ろ向き(^▽^;)なんだけど、
先輩の幸せそうな笑顔を見ていたら、
前向きになれる気がしたよ。
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。