スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■パイロットになりたくて

■もう諦めかけていた空は、まだ自分の目の前に大きく広がっている。折れてしまった、というか生えてこなかったと思っていた翼は、まだ可能性を秘めてくれているようだ。フワフワとした、現実感のない安堵感を、いまは持て余している。

■ここまで来たら、あとはもう、飛んでみるだけだ。翼がなくても、折れても、あひるはあひるのままだとしても、自分を信じて、飛んでみるだけだ。

■もう死にたいほどの朝、シャワーの中で悔しくて思わず叫んだことは、これまで幾度もあった。その度に、臆病が無難の根を張り、運命を逆恨みして、友達もみんなすごく見えたりした。

■ほら、あきらめていたドアは、もしかしたら鍵は開いているかもしれない。そしたら、おかしくて、大声で笑えるかもしれない。

■なんてね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。