スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Take care of myself

■病院に行ってきちんと診察してもらうなんて、何年ぶりだろう。高校以来ずっと悩まされ続けている頭痛を診察してもらうため、土曜に汐留に行ってきた。大変に人気のある先生で、100人を越えると思われるたくさんの人たちが、じっと並んでいた。

■それだけの人たちを一人の先生が診るのだ、診察が流れ作業のようになってしまうのは仕方ないのだろう。何時間も待って、診てもらえるのは数分間のみ。その数分間の中で、ちょっとぶっきらぼうだけど患者に「治るんだよ」ということを信じさせてくれるオーラというか、静かな自信が、とても心地よかった。

■もしかしたらこれが原因かも、というものをMRIで見つけ、薬を処方してくれた。大学生の頃、校内の保健センターで「バファリンで治るならそれを飲んでおけば」と言われたのとは大違いだ。

■治るか治らないかは、まだわからない。けれど、治るかもしれないという可能性が見えて、気持ちもだいぶ軽くなったように思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

脳は未知の世界なので、難しいですが

快方に向かうといいですね!

辛いもん少し控える?((^┰^))ゞ

<蓄膿の疑いがあったのですか。
下を向くと痛かったり、
風邪をひくと目の下あたりが痛んだり、腫れたりする事が、今までにもあったのかもしれないですね。
風邪をこじらせると、副鼻腔炎から、慢性化する方が多いと聞きます。
でも、原因がはっきりすれば、対処のしかたもありますよね。
無事に完治する事をお祈りしています。
くれぐれもお大事に。

>ぷりゅすさん
はい、頑張ります!
アタマなので、やっぱりちょっとコワイなぁと
思っていたのですが、こうして検査してもらって、
気持ちも楽になりました。

>りぼんねこさん
ありがとうございます!
虫歯から来たりすることもあるのか、
口の奥から痛いこともあります。
何にせよ、気をつけなくてはいけませんね(^▽^;)。

長年(?)の私の医者経験からの感想だけど・・

医者(特に内科が多い気がする)は、優秀な人でも自分の専門分野以外のことになると非常に消極的な治療(大抵は対処療法)しかしてくれない傾向があると思います。本当に気になるなら専門医の所に行け、ということなんだろうね。

患者にとって大事なのは、受け身にならないで自分で積極的に知識を吸収して医者に自分の心配や意見、なにをしてほしいかなどをはっきり伝えること。これからもわからないことはどんどん質問するなり、気になることを伝えて治療に向かい合うといいと思うよv-221。よくなることを祈ってます。

>monaさん
ありがとうございます!
受け身にならずで、いってみます。

プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。