スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■空に消えてった打ち上げ花火

■草野球や街歩きで、いつもお世話になっている方が、こんなことをポツリと言った。飲んでいたり街歩きをしていたり、その場はとても楽しくて好きなんだけど、それが終わったふとした時間に、とても落ち込んでしまうことがあるんだ。

■その気持ち、とてもよくわかる。数時間後に控えた日常とのギャップがあまりにも大きくて、持て余してしまう気持ちをどうバランスをとっていいのか、わからなくなってしまうのだ。矢井田瞳の歌詞を借りて言うなら、「No good to have lots of beautiful things because I'm scared to lose them」といったところだろうか。

■だからといって、初めから持たない、持てないでいるよりも、ずっとずっと、幸せなのだと思う。日曜の夜は、いつもドヨンとした気持ちになってしまうけれど、それでも時計は進んで、確実に月曜がやってくる。

■難しく考えすぎなくていい。どれだけ強く見える人も、同じ悩みを抱えて生きている。

■なんてね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

幸せな時間がギャップある日常を支えているのかも…。

そしてそんな日常を過ごしてたら、
また幸せな時間が来るんですよね。

きっと(^-^)

>ak
そうだね。
正直、マイナスな日々の方がずっと多いような
気がするけれど、そのうち、何とかなるさ。

プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。