スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第21回東京探偵団】深川八幡祭/その2

富岡八幡宮の例祭が俗に「深川八幡祭」と呼ばれていて、
赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭と共に
「江戸三大祭」のひとつに数えられているんだそうです

P1000223.jpg深川八幡祭は「水掛け祭」としても有名で、神輿を担いでいる人たちに観衆から清めの水が浴びせられます。濡れてもいい格好で来た探偵団の面々も、バケツに水をたたえて、力一杯に水を浴びせました。ドバッと勢い良く横からかけてしまうのではなく、天高く水を放り投げるようにして上からかけるのがいいんだそうです。自分、結構うまくできたと思うんだけどなぁ

P1000236.jpg牡丹町のハッピに身をつつんだ隊長も、ホースで参戦。日の当たり方によって、小さな虹が瞬間出来上がるのが幻想的でした。写真にはありませんが、自分と隊長、ほぼ上半身ハダカでした。それと、隊員こぐさんは水掛けだけでなく、神輿を担ぐ方にも参加していました。ハッピと足袋は川越屋のご主人から借りて、ずぶ濡れになりながらも笑顔で楽しそうでした

P1000225.jpg川越屋の近所にあるお米屋さんの黒ラブラドール、ベティーちゃんが、おこちゃまプールで遊んでいました。テニスボールがお気に入りのようで、何度も「投げて」と探偵団の足元へと持ってきてくれました

P1000238.jpg川越屋から出て少し歩いた頃。神輿を仕舞うところに出くわしました。どこの神輿もかっこ良かったけれど、この牡丹町の神輿が一番かっこ良かったように思います。キンキラしていなくて、渋い銅色がなんとも魅力的でした。

お祭りの本番(?)は次の日の日曜なんだそうですが、
前日の土曜日の方が道の裏側にも入ってきてくれて、
ずっと魅力的なんだそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。