スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■小さな頃から

■小さな頃からずっと夢に描いていた世界に、今、いることができている。祖父の膝の上で眺めていた光景の、その向こう側にいる。そのことを思い出せないままに、時間は足早に過ぎていき、叫びたくなるような焦燥感だけが残される。

■乾いた風に行き詰まっても、怖くはないわ。ひとりじゃない。

■JUDY AND MARYが、そんな風に唄っていた。息苦しくなってしまう毎日でも、楽しくて嬉しくなれる時間もある。恐れすぎる必要はない。

■少し眠ったら、朝はまた来るわ。

■なんてね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

JUDY AND MARY ね、、、歌ってたね。

久々にジュディマリを聞こう!って思った。

>くろたぬさん
ジュディマリの「小さな頃から」、大好きなんだ。
大学に入学してすぐの頃、フジテレビで丸井提供の
「ROOMS」っていう番組がやっていて、その主題歌と
して使われていたのを聴いたのがきっかけ。
あの頃が懐かしいなぁ(;´▽`A``。
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。