スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■11月1日の花嫁 その3

■11月の風は、ますます強さを増しているようだった。ホテル前に並ぶ木々は、迷惑そうに左右に揺れていた。見上げれば、かろうじて青い空が雲の隙間から見えていた。一眼レフを取り出し、急いでその青空を切り取った。

■こういったことは、当然のように女性の方が男性より準備に時間がかかるものだ。控え室で準備する彼女を横目に、落ち着きを求めてカメラをいじっていた。徐々にそれらしい姿に変わって行くのを、ふわふわした気持ちで見つめていた。

■男の身支度は、数分あれば終わってしまう。花束、ブーケも届いた。両親や親族も到着した。徐々に、徐々に。全てがその時に向けて、整いつつあった。

■控え室のドアがノックされた。ホテルのスタッフからの合図だ。履き慣れない靴、着慣れない服。したことのない化粧。そういったものを身にまとい、みんなの待つほうへ、ゆっくりと歩き出した。

…続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イメージ画像でもいいから、写真みたいな~。
待っている間、どんな気持ちだった?
晴れ舞台が大の苦手な私の夫は、「逃げ出したかった」と申しておりましたが(苦笑)

改めておめでとうございますi-80
読んでいるだけで、何だかドキドキしてきましたi-237

私にもこんな瞬間が訪れてくれるのかなぁi-230

あっ!
ちなみに以前おめでとうございますコメントを残していたのですが、
あまりに興奮しすぎか、自分の名前を書き忘れていました~i-229

ほんと幸せな気分にさせていただいて感謝です~i-189

お返事遅くなりましたー。。。

>monaさん
イメージは、、、またいつか。
待っている間は、緊張はしましたが、
ワクワクしていました。

>makkinさん
うん、きっと近いうちに来るよ!!
はやくこっちの世界においで~~~
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。