スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Time Machine Vol.01

■■縛りを入れて、アルバムを作ろう!■■

【アルバム名】
  Time Machine Vol.01
【縛り】
  昭和50年度生まれくらいの人たちが、
  青春時代に戻れる曲たち。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1. 早くしてよ(久宝留理子)

他にも「男」とか。

2. 冬のファンタジー(カズン)

本当にイトコのデュオだったはず。

3. イージュー★ライダー

奥田民生…天才!!

4. ラストソング(吉岡秀隆)

じゅん君、コトー先生。

5. You're the Only...(小野正利)

ハイトーンボイス。

6. ORION(米米クラブ)

あまりメジャーな曲ではないね。

7. Hello,Again - 昔からある場所(My Little Lover)

歌詞が秀逸。

8. Red Angel(POCKET BUISCUITS)

千秋とか、ウッチャンとか、ウドちゃんとか。

9. YELLOW YELLOW HAPPY(POCKET BUISCUITS)

上に同じ。

10. YOU ARE THE ONE(TK PRESENTS)

小室ファミリー大集合。

11. 二人は恋人(森高千里)

「雨」のほうが好きかも。

12. あいにきて I・NEED・YOU!(ゴーバンズ)

ゲレンデに行きたくなりますな。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■中学・高校時代に聴いた音楽は、いわゆる「懐メロ」としての機能を遺憾なく発揮し、大人になった自分たちをその時代へと連れていってくれる。自分でいうと、80年代後半から90年代前半がそれにあたる。バンドブーム、Be-ing系の台頭、コムロックの出現…いろいろとあったなぁ。

■大学生になった94年から大学院卒業の2000年にかけても、もちろん音楽を聴いていた。この頃は、聴くことよりも演奏すること(クラシックギターを)のほうが多かったけどね。

■いずれにしても、社会人になってしまったいま、学生だった青臭い自分を思い出せてくれる(思い出せてしまう?)曲の数々を、とてもいとおしく思う時がある。で、中古CD屋さんでたんまりとその種のものを買い込んで、自分なりの「タイムマシン」を作っている。もちろん、手に入る範囲内で、だけど。

■今現在20歳代後半の方々ならば、「うんうんわかる!」といってくれる…はず。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。