スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■言葉につまる

■金曜、仕事をお休みにして鹿児島へ。ウリーグの全国大会が土曜に鹿児島で開催され、それに出場するためだ。土曜の朝の便では第1試合に間に合わないので、前日入りする必要があった。最終便で行けば、仕事を休む必要もなかったのだけど、グラウンド整備などの準備があって、それをするスタッフが不足するであろうと思ったので、せめてそれくらいはお手伝いしたかったので、午前の便で出ることにしたのだ。

■鹿児島空港で幾人かと合流し、バスで鹿児島市内へ。ホテルのチェックインをし、着替えを済ませてから会場である溶岩グラウンドへと向かう。ホテルから近いフェリー発着場へ歩くと、ややかすんで桜島が見えた。「大きい!」というより、「近い!」という印象を受けた。地元静岡の富士山とはまた違う、今にもこちら側へと歩いてきそうな、そんな迫力だ。フェリーは片道150円という、ビックリするような低料金。見ているだけで心が癒される、そんな穏やかな鹿児島の内海を、フェリーは静かに滑る。フェリーの先端に立つと、潮の香りを抱え込んだ風が、時に強めに頬を撫でていく。タイタニックよろしく、"I'm King of the World!!"と叫びたい感じ。映画は見たことないんだけどね。

■グラウンド整備では、ひとつの大きな会場にラインを引いてグラウンドを8面作る。グラウンド作り用に作られた特殊なロープと杭、それにライン引きを使って、フタッフみんなで手際よくグラウンドができていく。会場入りできた時間が遅く、日が暮れてしまう心配があったけれど、8面を1時間弱で作ることができ、日没前に作業を終えることができた。フェリーで市内へ戻ったその日の夜は、スタッフ達と美味しい地元料理を食べた。詳細はこちら。さつま揚げとか、本当に美味しかった!

P1000026.jpg■そして土曜。いよいよ試合当日。全国各地から200名近くのウリーガーが集まった。野球をするために、いや試合終了後の大宴会に出るために、アホやとツッコミを入れたくなるほどの人数だ。自分含め、みんな、陽気なアホだ。こういうの、すごくいいね。自分は単独チームとしてではなく、首都圏リーグの連合軍としての出場。いつもとは違う面々と一緒にプレイできるのも、こういう大会の楽しみだ。笑いと熱気と、大量のアルコールと。いろいろなものがごちゃ混ぜになりながら、時間は経って行った。昼食の黒豚丼と薩摩汁が、うまいのなんの。トーナメント形式で進められた試合で、結局自分のチームは負・勝・負・負・負と、19チーム中の15位に終わった。自分にとって、勝ち負けはどうでもよくて、とにかくみんなと楽しく同じ時間を過ごせることが大切で、まさにそういう時間を持てたので、大満足だった。


■試合が終われば大宴会。自分はお酒を飲まないけれど、それでも楽しい。今回は幾人かの人たちと、まったりと料理を食べたり無言になったりと、あまり盛り上がっている感じにはならなかったけれど、それでもいい。宴会が終わり、フェリーで市内へ戻ると、別チームのかたとらーめんを食べに行った。ラーメンと言えばデフォルトはとんこつ、というのが、関東人としては新鮮だった。マジうまかったし。ふくれたお腹を抱えて、ホテルで幸せに眠った。

■日曜、午前の便で東京へ戻る。せっかくの鹿児島、どうせなら最終便にしておけばよかったと後悔するも時既に遅し。ま、でも、これでよかったのだろう。次の試合がいつどこで開催されるのかはまだ分からないけれど、それを楽しみに待つことができる。午後の早い時間には千葉の自宅へ到着。筋肉痛の体を布団に横たえると、「古式島」という不思議な島をリポートするという、なんだか中途半端にリアルな夢を見た。「甑島」なら実在するんだけどね、。九州に。「古式島」は自分の地元、西伊豆にあり、かつては人々が住んでいてその遺跡もあり、けれど過疎化が進んで廃れてしまった、みたいな設定になっていた。タケコプターのお化けのようなものを操って西伊豆の空を飛んでいた自分が、そのまま「古式島」へと入り、遺跡を見ていると、道で車に乗った人と出会ったり、突然近代的な街が出てきたり。とてもリアルで、しかも既視感のある夢だった。

■「元気だよ」というメールは、一体どこまで信じていいものだろう。そういう時は、本当はあまり元気でなかったりする。自分自身の経験からも、そのくらいはわかる。本当に元気になってもらいたいけれど、ここでさらに自分から「頑張れ」というのも、下手をすると逆効果になってしまうかもしれないし、どんな言葉が一番ぴたっとはまるのか、とてもとても難しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。