スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ひとつの決意、ふたつの出発

■2005年は、これまでの年と全く同じように、実にあっけなく去って行った。20代最後の年、振り返るまでもなく。ま、そんなもんだ。

■始まった新しい年に、どんな希望を持てばいいというのだろう。天使の休息は終わった。その翼は、輝きを取り戻した。もう、翼を休める宿り木は、必要ない。天使は飛び立った。残された宿り木には、何を言うことも、何をすることも、許されてはいない。ただただ、天使の後ろ姿が消えるまで見送るのみだ。いつもそうだ。もう、疲れた。そんな役ばっかりだ。

■始まった新しい年に、昔の誓いを思い出した。ピエロは、みんなを笑わせて自分は泣いている。ピエロになろうと誓った日、後悔はないはずだった。

■始まった新しい年に、ひとつの決意をした。もう二度と、連絡はしない。するだけ、空しくなってしまう。するだけ、自分を殺したくなってしまう。さよならと言えば君の傷も少しは癒えるだろう。僕の傷は、癒えなくたってかまわない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。