スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■生きていてもいいですか?

■先週、会社の先輩宅にてごちそうになった水餃子がきっかけで、自炊を再開した。時々思い出したようにご飯を炊いてみたりお好み焼きを作ってみたりしたことは幾度かあったけれど、1週間以上続いたことなんてなかった。きちんとした自炊なんて、何年ぶりだろう?(いやキチンとしてないけど)

■食べる事は生きる事で、純粋なだけにシンプルな喜びがある。反面、「生きていていいですか?」と、ときどき変な強迫観念に襲われてしまうことがある。自分はここにいてもいいのだろうか。生きていてもいいのだろうか。誰かが「だめ!」って言っているような気がする。自分なんか、生きていてはいけない。なのに、生きるための行為をしている。無駄に他のものの命を奪うのなら、いっそ早く死んでしまえ。そう言われているような気がするのだ。

■言われているような気がするというよりも、自分自身が一番そう思っているのだ。自分なんて、何の価値もない、死んでしまえ。そう思うけれど、いざ実行しようとすると怖くて、できない。大槻ケンヂの言う、死にたいと思うけれど死ねない辛さ、というのは、こういうことなのだろう。

■世の中すべての人たちがすばらしい人たちに見え、自分にはあまりにも何もないのだという事に気づく。仕事も、プライベートも、寝ても覚めても、何もする事が出来ない。能力もない。

■ま、ときどきこんな風にとっても憂鬱になってしまうけれど、大丈夫。自分には、それでも相手をしてくれる友人がいる。先輩がいる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あるサイトに特攻隊の事が取り上げられていた。
生きたくても生きられなかった人たちがいるんだって事。
それを考えると、今自殺とかしちゃう人はただの逃げとしか考えられんわ。
決してプラス思考の人間じゃないけど、お互い前向きに生きたいですね!

うん。。。

>Vanillaさん
自分も、たぶん同じのを見ました。
池田貴族という、その昔のバンドブームで出てきた方(既にガンで他界)が、闘病生活中に書いた歌詞に、息が詰まったことがあります。
ちょっと長いけれど引用。

「死にたくない 死にたくはない
 死に急ぐ人たちはまた増えているけれど
 いじめに耐えきれず
 失恋に耐えきれず
 たとえどんな訳があるにしても
 死ぬなら代わりに命をくれ
 死にたくない
 死にたくはない」

生きているうちは、生きていかなくちゃいけないんですね。お互い、前向きに!!
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。