スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■なつかしい日々

■次の月・火を休めば、なんと9連休となる今回のゴールデンウィーク。自分はカレンダー通りのお休み。シフト業務でお休みが取れない方々が多い自分の会社の中では、カレンダー通りに休めるということが、なんだか申し訳ない気持ちになってしまう。それが役割だから、と言ってしまえばその通りなのかもしれないけれど、かといって代わることができるわけでもなく、心は千々に乱れてしまう。

■ゴールデンウィーク初日の土曜、高校時代の友人宅へお邪魔した。クラスメートだったその友人が所属していた吹奏楽部の友人ふたりも交えてのホームパーティー。5時にその友人宅に到着するつもりで4時に幕張を出たのだが、ただでさえいつも渋滞してしまう国道14号線には、連休で遊びに出かけた帰りと思われる車が溢れていた。結局その友人宅のある市川に着いたのは7時になろうとする頃だった。

■特に何かをお祝いするとか言うものではないけれど、そういう、「特に理由がある訳ではないけどね」という集まりが持てるというのは、幸せの領域に属することだと思う。ホームパーティーは、とても楽しいものだった。高校時代、それほど話をする機会もなかったはずの吹奏楽部の友人たちとも、すんなりと打ち解けることができる。不思議な嬉しさ、を全身で感じていた。お互いに大人になったと言うことなのだろうか。吹奏楽部の友人が連れてきたお子さんがあまりにもかわいくて一生懸命笑いかけるのだけど怖がって泣き出してしまったり、別の友人の同僚さんがこのブログを見てくださっていると聞いてビックリしたり。

■自分と吹奏楽部との関係は、クラスメートからのひと言で始まった。今回ホームパーティーを主催してくれた友人とは別の吹奏楽部所属のクラスメートから、定期演奏会の司会を依頼された。演奏のオープニング曲「バック・トゥー・ザ・フューチャーのテーマ」に合わせ、マーティーのようにスケートボードで登場しようなどと打ち合わせたものだ。地元の、高校生にしてはちょっとビビってしまうほどの大きさのホールの舞台で、ドラムロールをバックにスケートボードを走らせたことを、じんわりと思い出す。そして、その演奏会にまつわる、自分自身のちょっとした甘酸っぱい話なども、ふと、思い出してしまった。

■演奏会で司会をすることになったんだ。せっかくの機会だし、聴きに来ないか。そう書いて出した手紙。数日後に届いた返信には、演奏会のことは全く触れられていなかった。まあ、遠いし、来られなくて当然だよな。。。演奏会が終わり、お客さんを送り出すためにホール出口で演奏者ともども挨拶をしていると、その顔が視線に飛び込んできた。「ビックリさせようと思って…」そう言って笑うその子を、すぐに帰してしまったことが、いま、悔やまれてならない。自分は、あまりにも臆病だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントをどうぞ

GW・正月・お盆の休みなしは今年で13年目。その代わり平日休めますので、ラッキーな部分もあるんですわっ。平日は空いてていいですよ。なかなか。

コメントありがとうございます!

>ばむおじさnさん
えーっと、たぶん、リアル友人の○○○ですよね?
名前だけ書いて、間違ってsubmit押しちゃったかな?
先日は楽しいパーティーありがとう!!

>花よりだんどさん
友人と休みを合わせるのが大変だったりしますが、
平日休みって、混んでなくていいですよねー。
自分もたまーに平日休みをいただくことがあるのですが、
ショッピングモールが広いこと広いこと。

昨日、3度も同じ内容を書き込んだのに、反映されたのは、名前の書き途中のみ。
あきれて、昨日は力尽きました。。。

さてさて。
パーティではどうも。
あの時のビデオでもあれば、見てみたいものです。
その裏では、そんな切ない秘話があったんですね。
青春時代ですな。

それはそれは…

サーバの調子がわるかったのかなぁ?
ごめんね。

あの時ってビデオ撮ってたのかな?
もしあれば、マジみてみたい!
あ、一応言っておくと、彼女とかじゃないよ。
プロフィール

ぴ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。